ニキビの原因における男性と女性の違い

ニキビケア

ニキビの原因ってさまざまですが、男性と女性のニキビの原因は実は違うんです。「ただのニキビじゃん」って思うかもしれませんが、あなたと彼のニキビの原因が違うので同じスキンケアを行っていては×。しかも、原因が違うので、ニキビケア対策も異なってくるというわけです。

 

例えば、せっかく彼と初デートなのに、朝からニキビに悩まされるのは本当に憂鬱です。私も経験があるんですが、お肌がツルピカだと一日テンションが上がるけど、たった1つでもニキビがあるだけで心が滅入っちゃいます。テンションも下がるし、せっかくのデートだって思いっきり楽しめませんでした。

 

彼だって同じです。ニキビがあるだけで鏡を見たときに「はぁ〜」っとため息がもれちゃって、どんよりしてしまいます。どんな時でも、ニキビがないに越したことはありません。だからと言って、みんなが効くよっていうニキビケア商品があなたに必ずしも合うとは限りませんよね。友達には合ったのに、あなたが使ったら余計ニキビが増えたなんてこともあり得ます。

ニキビケア

 

実は、ニキビ対策には個人差があるので、みんなと同じケアをしたから安心というわけではないんです。

 

 

あなたのニキビの性質をきちんと理解した上であなたに合ったスキンケアを行えるように、このサイトでは、ご紹介させていただきますのでぜひ参考になさって下さい。


そして、彼のニキビ対策にも役立ててもらえれば幸いです。

 

男性のニキビの原因と対策

ニキビケア

男性の主なニキビの原因

皮脂の過剰分泌により肌が脂っぽくなって毛穴が塞がってしまい炎症を起こすことが原因となるケースが多いです。
皮脂の分泌が多いおでこや鼻などのTゾーンにできやすいです。

 

男性の主なニキビ対策

洗浄力が高い洗顔料を使用して、毛穴の汚れや酸化して汚れた皮脂や角栓や古い角質を
しっかりと洗い落として肌を清潔に保つということが最も重要になります。

 

皮脂の分泌を抑制する効果がある薬用のローションを使用するのも効果的です。

 

女性のニキビの原因と対策

ニキビケア

女性の主なニキビの原因

乾燥により肌環境が悪化してニキビができやすくなってしまうというケースが多いです。
乾燥しやすい頬や顎や口のまわりや首筋などのUゾーンにできやすいです。

 

女性の主なニキビ対策

肌の乾燥を改善させてニキビができにくい肌環境に導くことがポイントとなります。
化粧品でたっぷりとうるおいをチャージして肌の乾燥を防ぐことが大切です。

 

パック、ふき取り化粧水、ピーリング剤、ブースターなどを使用して角質を柔らかく健やかに整えておくことで
化粧水や美容液の浸透力が格段に高まって保湿力をアップさせることにつながります。

 

体の中からのケアとしてコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの

保湿効果を高める美容成分が配合されているサプリメントを摂取するのも効果的です。

 

※男性と女性で違いが生じるニキビの原因をきちんと理解して適切な対策に努めていきましょう。


思春期ニキビと大人ニキビの原因や違いを知ってニキビ対策

ニキビケア

ニキビケア

 

 

 

ニキビには大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビの二種類に分類されます。思春期ニキビと大人ニキビには大きな違いがあります。まずは原因についてまとめてみましょう。


 

 

思春期ニキビの要因

成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌してしまい皮脂が毛穴を塞いでしまい炎症を起こすことが主な原因となります。

 

大人ニキビの要因

不摂生な生活習慣やストレスや肌の乾燥やホルモンバランスの乱れなどが主な原因となります。思春期ニキビは皮脂の分泌が多い鼻や額などのTゾーンにできやすく、大人ニキビは乾燥しやすい頬や口のまわりや顎などのUゾーンにできやすいという特徴があります。それに加えて大人ニキビの場合は同じ箇所に繰り返し何回もできたり治りが極端に遅かったり色素沈着して跡が残ってしまったりなどの厄介な性質も持ち合わせています。

 

では、ニキビ対策についてみていきましょう。

 

思春期ニキビの対策

洗浄力が強めの洗顔料で酸化して汚れた皮脂や角栓や古い角質をしっかりと洗い落として肌と毛穴を常に清潔に保つということが大切です。

 

大人ニキビの対策

栄養バランスの良い食生活や質の良い睡眠や適度な運動や規則正しい生活リズムなどの健康的で規則正しい生活を送るということが重要なポイントとなります。疲労回復やストレス解消に努めたり化粧品による丁寧なスキンケアで保湿を徹底してニキビができにくい肌環境に導くということも大切です。

 

思春期ニキビと大人ニキビの原因や違いを知って適切なニキビ対策を行いましょう。


ニキビができやすい場所やその原因そして治し方

ニキビケア

ニキビはできる場所によって原因や治し方に違いがあります。

 

背中ニキビができてしまいなかなか治らないという事があります。見えにくい場所なので悪化してしまうまで気が付かないことがあります。

 

背中は体の中でも皮脂腺が多い場所の一つです。

 

皮脂腺が多いという事は、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりニキビができやすくなってしまいやすいという事です

 

そして、皮脂の分泌が多いからとごしごしと洗いすぎるという事も原因となってしまいます。
肌が乾燥することで皮脂をもっと出さなくてはいけないと勘違いしてしまい、皮脂の過剰分泌となってしまうことがあり背中ニキビの原因となってしまいます。

 

硬いタオルで洗うことや、服などでこすれるなどということも肌トラブルの原因になってしまいます。

ニキビケア

 

 

 

乾燥している肌は肌トラブルを受けやすくなってしまうのです。
そしてシャンプーやリンス、ボディーソープが流したりなくて体に残ってしまうことで刺激となってしまいニキビができてしまうという事があります。


背中ケアのポイント
背中を洗う時には、ゴシゴシこすらないことやシャンプーやリンス、ボディーソープなどが体に残らないようにしっかりと流すことが大切です。
タオルで優しく拭いた後に保湿をすることもニキビを防ぐ方法と言えます。
寝具も清潔を保つようにしましょう。

寝具などの汚れや蒸れなども背中ニキビの原因になってしまうことがあります。

食生活の乱れや睡眠不足やストレスなどもホルモンバランスを乱す原因となってしまいます。

ニキビの原因菌!アクネ菌とマラセチア菌とは?

ニキビケア

ニキビというのは本当に厄介なもので、治ったと思ったらまたできたの繰り返しでお困りの方も多いでしょう。中にはニキビ治療薬を使っているのになかなか治ってくれなくて、なぜなのか疑問に思っている方もいると思います。

 

実は、ニキビと一口に言ってもその原因は大きく分けて2つに分けられます。そして、それぞれに治療の仕方も異なってくるのです。
ですから、いつまでもニキビが治らないとお困りの方は、もしかすると根本的にその治療法が間違っているかもしれず、そのままではいつまで経っても改善してくれないということなのです。

 

ではそのニキビの2つの原因菌というのが何かというと、アクネ菌とマラセチア菌というものになります。

 

アクネ菌

主に10代など若いときにおでこや鼻といった皮脂の分泌が活発な部分にできやすいものです。

 

マラセチア菌

反対にあごやほほ、背中などにできやすく、大人になってからもできやすいものです。

 

市販されている多くの薬はアクネ菌を殺菌する効果のあるものです。ですから、こういったタイプの薬をマラセチア菌が原因の場合に使用しても何の意味もないのです。

 

ニキビケア

マラセチア菌に効果のある薬は皮膚科を受診すると処方してもらうことができます。市販の薬を使っていていつまでも治らないという場合には、一度皮膚科を受診してみるといいでしょう。

 

また、アクネ菌は皮脂の分泌が活発な部分に繁殖しやすい一方で、マラセチア菌は乾燥している部分にも繁殖しやすくなっていますから、保湿ケアの見直しも同時に行うといいでしょう。

大人ニキビの原因と治し方について

ニキビケア

大人ニキビは、思春期にできるニキビとは原因が違います。

 

思春期の時にできるニキビが、皮脂の過剰やホルモンの変化によって起きるのとは違って、大人ニキビができる原因は主に肌の乾燥と角質の蓄積によって起こります。

 

 

 

ニキビケア

これは、ある程度年齢が高くなっていきますと、ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝がスムーズに進まなくなるため、古くなった肌の老廃物が溜まることによって角質が厚くなっていき、さらに乾燥が加わりますと、大人ニキビとして肌に表れるわけです。それだけではなく、角質が厚くなりますと毛穴を塞いでしまいますので、それが原因で大人ニキビになってしまうことも原因として考えられます。

 

このような大人ニキビの治し方は、まずは肌の状態を整えることから始めることが大切です。
具体的には、角質が固くならないように、洗顔方法を変えてみることも治し方のひとつになります。大人ニキビの原因となる乾燥を防ぐためには、あまり洗顔しすぎないようにすることが大事です。ですから、肌を清潔にするといっても1日に何度も洗うのではなく、洗顔料を使って洗うのは夜に1回にとどめるなど、あまり洗い過ぎないようにすることがポイントです。

 

その他の治し方としては、生活習慣を見直すことも重要なポイントのひとつになります。過度なダイエットや暴飲暴食、喫煙の習慣などは、大人ニキビの原因になりますので、まずはこれらの原因を取り除くことが治し方の基本になります。


思春期ニキビの原因と治し方について

ニキビケア

思春期ニキビとは、小学校高学年から高校生くらいまでの思春期にできるニキビのことです。

 

思春期の時期はホルモンバランスが崩れて皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌が多くなります。それが毛穴に溜まり、アクネ菌が大繁殖して炎症を起こすことが原因となり、思春期ニキビになります。

ニキビケア

 

特に春から夏の皮脂の分泌が活発になり、紫外線を浴びると肌の防御反応から角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすい状況になります。できやすい部分は、皮脂腺が特に多い部分で、Tゾーンです。軽めのニキビなら跡が残りにくいですが、強く炎症を起こしているニキビを潰したりしてしまうとクレーターとして跡が残ってしまいます。早めに治すことが大切です。

 

思春期ニキビの治し方は、洗顔をしすぎないことにもあります。

 

もちろん洗顔はとても重要なポイントですが、皮脂が多いからといってやみくもに洗顔する人がいますが、そうすると肌が乾燥しすぎて、防御反応から余計に皮脂を分泌してしまい逆効果になるのです。

 

ニキビケア

ニキビ専用の洗顔フォームを良く泡立て優しく洗い、そのあとの保湿はしっかりと行います。また、睡眠もとても大切なのです。睡眠不足になると自律神経の働きが乱れて、肌の再生が難しくなってしまうのです。そして、食生活の見直しも大切です。揚げ物や脂質を避け、ビタミンを多くとるようにします。ビタミンは肌にとても大切な栄養素です。そして食物繊維を摂ることを心がけ、体内の老廃物の排出を促します。老廃物が溜まることで血管の流れが滞り、肌への酸素や栄養素が届かなくなるからです。

 

こういったことを継続していくことで思春期ニキビが改善され、予防にもつながっていきます。


『あなたに最適なニキビケア方法|ニキビの原因から対策を徹底解説』関連情報

更新履歴