鼻の下ニキビ対策のために知っておくべき原因と治し方について

鼻の下ニキビ,原因,治し方

鼻の下はおでこやあごと並んでニキビができやすく、しかも目立つので、悩んでいる人も多いです。
顔のパーツの中でも特別脂っぽいとも思えない鼻の下に、なぜニキビができるのでしょうか。
ここでは鼻の下ニキビができる原因と、その治し方をご紹介します。

 

ニキビは脂っぽい部分にできるというイメージがあります。
一方鼻の下は、どちらかといえば乾燥しています。
もともと皮脂が少ないうえに、ティッシュなどで口元を拭ったときに触れたりして、皮脂が拭き取られる機会が多いからです。

 

肌を守ろうとする皮脂の存在

しかしあまりにも乾燥しすぎていたり、触れる回数が多かったりすると、肌を守ろうとして皮脂が分泌されます。その皮脂が毛穴に詰まるとニキビになるのです。

加齢により皮膚のたるみ

年齢を重ねると皮膚がたるんできますよね。
それに合わせて、毛穴も下に引き伸ばされて広がってくるのです。
男性であれば口ひげが生えることからも分かるように、鼻の下の毛穴は顔の中では大きいので、その分汚れがたまりやすくなります。
ふさがった毛穴に皮脂が詰まることでニキビになるのです。

鼻の下ニキビ,原因,治し方

 

それでは、鼻の下ニキビができてしまったら、どのような対策をとればよいでしょうか。


鼻の下のニキビ対策

できてしまったニキビは決して触らないこと。

鼻の下ニキビ,原因,治し方

触ると余計にその部分が傷つき、ニキビを悪化させてしまいます。
悪化したニキビは治りにくいうえ、色素沈着して跡が残ってしまいます。
口元を拭うときには十分に気を付けてください。

 

顔を洗うときには絶対にこすらず、洗顔フォームの泡だけが触れるようにしてください。

 

乾燥対策を忘れずに。

鼻の下ニキビ,原因,治し方

鼻の下にクリームなどを塗って保湿します。
クリームを塗った後でマスクをすると、手で鼻の下を触れることもなく一石二鳥です。

 

鼻の下ニキビの原因と治し方を知っていると、自分のタイプに合った対策をとることができます。
まずは自分の肌の状態をチェックして、鼻の下ニキビができないように今から予防しておきましょう。

 

▼思春期ニキビ&大人ニキビ対策コスメランキング▼

思春期ニキビ大人ニキビ