思春期ニキビができる原因と治し方について

思春期ニキビ,原因,治し方

思春期ニキビは、10代から20代の思春期にできるニキビのことです。

 

思春期ニキビの原因は、皮脂分泌が活性化することです。思春期の肌は、大人の肌とは異なり、ホルモンの働きが活発な状態のため、皮脂が分泌しやすくなっています。

 

特に、Tゾーンと呼ばれる額と鼻にかけての部位は、顔の中では、最も毛穴が多い為、ニキビができやすい下地があります。
思春期は、第二次性徴とともにホルモンバランスが変化します。
この時期は、男性ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激することで、皮脂分泌が活性化しやすくなります。
皮脂分泌以外の原因となる要因には、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、紫外線などがあります。

 

治し方では、ニキビができた場所によって異なります。

おでこにできたニキビの場合

思春期ニキビ,原因,治し方

過剰な皮脂分泌が主な原因です。
そのため、毎日の洗顔と保湿で過剰な皮脂分泌を防ぐことが重要です。

 

皮脂は多すぎても少なすぎても思春期ニキビができてしまう原因になります。
洗顔では、皮脂をしっかりと取り除いてから化粧水や保湿液などを使って肌にちょうど良い潤いを与えます。
皮脂が多いからと洗顔だけを行って保湿を行わないままでいると肌が乾燥していると肌が判断し、余計に皮脂分泌が促されてしまいます。

 

頬にできたニキビ

思春期ニキビ,原因,治し方

男性ホルモンの分泌量が増えたことが主な原因と言われています。
治すためには、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを優位にすることです。

 

そのためには、豆乳を1日1杯飲むことです。
豆乳には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがある大豆イソフラボンが含まれているため、女性ホルモンが優位な状態へと導いてくれます。

 

また、頬杖や髪の毛による刺激、スマートフォンが触れることなどによる刺激がニキビの原因になる場合があります。
髪の毛にも雑菌はついているため、髪の毛が長い場合には、顔に髪の毛がかからないように髪型を不空することも間接的には治すことにつながります。

 

▼思春期ニキビ&大人ニキビ対策コスメランキング▼

思春期ニキビ大人ニキビ